Mitsubishi Lancer Evolution

6のうち3.50:平均5票、6のうち3.50:平均5票、6のうち3.50:平均5票、6のうち3.50:平均5票、6のうち3.50:平均5票、 (6 投票、平均: 3.50 5のうち、 定格の)
読み込んでいます...
2,935ビュー

Mitsubishi Lancer Evolution

Mitsubishi Lancer Evolution

⭐⭐⭐

車の情報:

CLASS タイプ ガソリンタンク 給油タイム ゲームで
D アンコモン 6 5分 リリース以降

パフォーマンス:

MAX3 最高速度 加速 ハンドリング ニトロ ランク
ステージ0 250 42,4 46,3 54,8 467
マックス 270,1 55,03 53,79 68,19 1381

ランク:

ステージ0 Max ⭐ Max ⭐⭐ Max ⭐⭐⭐
467 791 1094 1381

設計図:

トタル 設計図
5 8 30 43

アップグレード:

ステージ 最高速度 加速 ハンドリング ニトロ 合計
ステージ0 1.150 1.150 1.150 1.150 4.600
ステージ1 1.190 1.190 1.190 1.190 4.760
ステージ2 3.000 3.000 3.000 3.000 12.000
ステージ3 4.500 4.500 4.500 4.500 18.000
ステージ4 6.500 6.500 6.500 6.500 26.000
ステージ5 9.000 9.000 9.000 9.000 36.000
ステージ6 12.500 12.500 12.500 12.500 50.000
ステージ7 18.000 18.000 18.000 18.000 72.000
ステージ8 25.000 25.000 25.000 25.000 100.000
ステージ9 35.000 35.000 35.000 35.000 140.000
ステージ10 マックス マックス マックス マックス 463.360

インポートパーツ:

アンコモン
クレジット 最高速度 加速 ハンドリング ニトロ トータルクレジット
5.000 5 5 5 5 100.000
レア
クレジット 最高速度 加速 ハンドリング ニトロ トータルクレジット
10.000 1 1 1 1 40.000
合計クレジットすべてのインポート部品: 140.000

合計アップグレードコスト:

MAX アップグレード インポートパーツ レアパーツ インポートパーツ トタル アップグレード
463.360 100.000 40.000 - 603.360

Mitsubishi Lancer Evolution ギャラリー:

Mitsubishi Lancer Evolution 説明

ランサーエボリューションXセダンは、新設計の4B11T 2.0L(1,998 cc)ターボチャージャー、全アルミニウムインライン4 GEMAエンジンを搭載しています。 電力とトルクは市場に依存しますが、すべてのバージョンは少なくとも276 hp(206 kW)(JDMバージョン)です。 アメリカ市場のバージョンはもう少しです。 英国のモデルは、FQバッジを持つ以前のMR Evolutionsに従って、Mitsubishi UKによって再生されます。 UK Evolutionsのオプションは、295 hp(220 kW)と360 hp(268 kW)の間にあると予想されます。

バージョン

ランサーエボリューションMRは、6スピードツインクラッチスポーツシフトトランスミッション(TC-SST)を搭載しています。 他のバージョンは、5スピードのマニュアルトランスミッションシステムを備えたGSRです。 この車には、以前の世代で使用されていた三菱のAWCシステムの高度なバージョンである、S-AWC(Super All Wheel Control)という新しいフルタイム全輪駆動システムもあります。 S-AWCはトルクベクタリング技術を使用して、異なる量のトルクを後輪に送ります。

それはステアリングに取り付けられたマグネシウム合金のシフトパドルを備えた三菱の新しいシーケンシャルセミオート6速SSTツインクラッチトランスミッションを特色にしています。 Tiptronicのオートマチックトランスミッションを置き換えたので、SSTバージョンはGT-Aバージョン(Evolution VIIとEvolution IX Wagonで使用されていたもの)に取って代わりました。 5速マニュアルギアボックスも利用可能です。 新しいランサーエボリューションには、三菱の次世代ライズ安全ボディも組み込まれています。

セールス

Evolution Xは、10月の1、日本の2007、米国の1月2008、カナダの2月(カナダのEvolutionの最初のバージョン)、3月の英国の2008で発売されました。 ツインクラッチのSSTバージョンは、11月の2007から日本で発売されました。 欧州では5月に販売が開始され、GSR版とMR版はプレミアムパッケージに含まれています。 2010 MR-Touringの導入により、車はさらに高級感を増しました。 レザーとムーンループは、リヤ・スポイラーをリップ・スポイラーに改造しながら標準となった。

生産

2015では、ランサーエボリューションXの生産を終了しました。ランサーの最終生産年のために、限定版「別れ」モデル、最終版が製造されました.1,600モデルのみが米国市場向けに、もう1つの1,600は日本向けに、カナダの350、オーストラリアの150。 すべてのモデルは、GSRトリムをベースにしており、黒い屋根、黒のエンケイ・リム、特別な「ファイナル・エディション」エンブレムが特徴です。

関連する

CLASS-D

アスファルト9車リスト

パフォーマンス統計

アスファルト9 Mitsubishi Lancer evolution